オリジナルサッカーユニフォームオーダーしてみましょう!!

フットサルやサッカーのサークル活動や草サッカーに所属するときに、オリジナルのサッカーユニフォームがあると結束感が生まれてやる気も高まります。
オリジナルサッカーユニフォームのオーダー方法は難しいとお思いの方も多いでしょうが、近年では凝ったユニフォームを簡単に作れるようになりました。
サッカーチームのユニフォームを作ることができるのはいろいろな会社がありますが、ここではオーダーメイドに定評があるロンヨンジャパンを参考にしながら、発注から納品までの流れを見ていきましょう。

公式サイトに移動したらまずは問い合わせからです。
ロンヨンジャパンにはチームユニフォームを簡単に作るためのシミュレータが用意されています。
シミュレータを起動すると、まずカラーリングの選択からです。
シンボルカラーを決定するとデザインの選択に入ります。
いくつかの選択肢が提示されるので柄や色合いなどを決定してください。
ここのデザインはシャツの型はもちろんのこと、襟の有無、パンツの形、ストッキングのデザイン、エンブレムのパターンなど事細かに変えられるので、全体のバランスを考えながら決定していきましょう。

サッカーユニフォームのことで問い合わせをする女性ロンヨンジャパンのシミュレータが優れているのは、CGでチームユニフォームが再現されているので、実際にユニフォームを見ながらカラーリングや形を決定できることです。
このシミュレータのおかげでデザインの完成予想図を具体的にイメージしながら選ぶことができます。
デザインが決まったら下に問い合わせボタンがあるのでクリックしてください。
問い合わせフォーム画面にうつります。
ここで連絡先やサッカーユニフォームの送付先など情報を入力します。
ちなみに、問い合わせフォームから連絡するためには事前に会員登録が必要です。
入力が終わってOKボタンをクリックすると、担当者が内容を確認の上、連絡先に返信が届きます。

ロンヨンジャパンのもう一つの特徴が専任のデザイナーがつくことです。
ユニフォーム作成の豊富な経験を持つスタッフが1対1で対応するので、相談しながら進めていくことができます。
ここでデザインの修正やなにか追加の要望があれば伝えることができます。
修正はユニフォームが完成するまで何度でも可能です。
デザイナーと一緒にデザインを決定すると、サイズや数量、そしてプレイヤー名も決めて注文は完了です。
注文してから約3週間ほどで納品されます。
出来上がりが気になる人は、無料で過去に作られたユニフォームの見本を取り寄せることができ、素材や質感などを確認することができます。