スポーツユニフォームオーダーの際に知っておきたい昇華プリントっていったい何?

昇華プリントについて考える女性ユニフォームに背番号や選手名をマーキングするとき、これまではマークを圧縮して貼り付ける方法が一般的でした。この方法は別々のものを貼り付けるという性質のため、デザインとして違和感がある他、繰り返して使用すると徐々に剥がれる可能性があります。また熱に弱い性質があり、乾燥機にかけるとこちらも剥離する可能性がありました。さらに圧縮型のプリントはマーキングする部分が増えるごとに費用がかさむ傾向があり、大量に注文するオリジナルユニフォームのオーダーの場合、費用がさらにかかるというデメリットもあります。

ここで新しく登場したのが昇華プリントという方法です。昇華プリントとは昇華転写紙にプリントし、転写機にユニフォーム生地と一緒に通すことで染色する方法です。従来のプリントが貼り付ける方法なら、昇華プリントは染める方法と言えます。メリットは繊維を染め上げて染色するため絶対に剥離することはありません。繰り返して使用しても生地が擦れることで傷が付いたり、剥がれたりすることはないですし、耐水性もあることから洗濯にも特別に気を遣う必要はないです。

また仕上がりも貼り付けより美しいという特徴があります。高解像度のデータをプリントしたように仕上げることができます。このプリントの方法では細かな表現も可能です。オーダーメイドのサッカーユニフォームを作るときは細部にもこだわりたいものですが、その要求にしっかりと応えてくれます。マーキングの数や大きさにも制限がなく、デザインの幅を広げられるでしょう。圧縮方式が抱えるデザインの違和感に関しても、昇華プリントはマークとユニフォームの素材の違いによる違和感はありません。こうした様々なメリットから現在、プロサッカークラブの多くは昇華プリントを採用しています。

オリジナルの試合着を作るときは耐久性やデザイン性にはこだわるでしょうから、昇華プリントを採用しているところを優先するといいでしょう。スポーツユニフォームをオーダーをするときは検索欄に、ユニフォーム 昇華プリントと検索してみてください。ユニフォーム 昇華プリントで様々なサイトやスポーツショップがヒットするでしょう。ショップのなかには専門のデザイナーを抱えて、プロと相談しながらデザインを決定できるところもあります。そのプロがデザインしたエンブレムや背番号、ネームナンバーなどを昇華プリントではしっかりとユニフォームにプリントすることができるので、出来上がりは最高のものとなります。