パジャマにも良し!サッカーTシャツは寝間着に抜群

サッカーのユニフォームやTシャツ、ジャージなどを街で見かけることは普通になってきました。私服にも通用するデザイン性の高さで、機能性にも優れており、いくつかの特徴は部屋着やパジャマにもぴったりと言えます。特にサッカーやスポーツに興味がない人もパジャマにユニフォームを使っている人は多いと言います。サッカーTシャツが寝間着に最適な理由を解説します。

まずはユニフォームの肌さわりの良さです。ポリエステル素材で作られている商品が多く、この素材の特徴は肌さわりの良さになります。シルクのような手触りで、着用していて不快感がありません。ぐっすりと寝ることができます。最新のテクノロジーが使われていることも見逃せないでしょう。サッカー日本代表チームのTシャツをもとに最新機能を紹介します。

青色に白い点線が特徴のオフィシャルユニフォームには様々なテクノロジーが使われています。クライマチルというテクノロジーは独自の冷却機能です。肌面にチタンを織り込んだ糸を採用し、肌に触れる面積を増やして熱を吸収します。クライマチルは通気性にも抜群の性能を示し、速乾性も備えています。通気性は2種類の糸をワッフルのように織ることで実現しているそうです。通気性や速乾性により、肌離れの良さやベタつきの改善を達成しました。トレーニングにはもちろん、寝苦しい夜には最適の機能です。アイスドットは、クライマチルと同じように冷却性と吸汗性を実現する機能です。こちらは従来のテクノロジーで代表のユニフォームにも継続して採用されました。

サッカーTシャツは耐久性が高いことも魅力です。何年も着ることができ、襟部分などヘタりやすい場所も耐久性が高いです。また、ずっと着続けてクタクタになっても速乾性や吸汗性など機能性が損なわれないこともポイントです。このようにスポーツブランドが販売しているユニフォームやTシャツには様々なテクノロジーや機能が付いており、それは寝間着としても役立つ機能が備わっています。もちろんユニフォームは定価が1万円前後する高価な洋服ですが、サッカーが好きなら使っていないユニフォームがあるはずです。また長い間着用したトレーニングウェアを寝間着にして有効活用してもいいでしょう。タンスにしまっておくにはもったいないので、暑い夏の夜にはパジャマとして使ってみてください。ぐっすりと眠ることができますし、夜起きたときにその格好のままでコンビニにも行くこともできます。