マーキングは街のスポーツショップでもやってもらえることが多い!

ユニフォームを購入するときは、このチームのユニフォームが欲しいということに加えて、この選手のユニフォームが欲しいということもあるはずです。それにはクラブチームや代表チームのレプリカユニフォームだけでは不十分でしょう。レプリカユニフォームには背番号や選手名が付いていないからです。マーキングというものが必要になります。また、ユニフォームに自分の名前を入れたい場合もあります。選手の名前や自分の名前が入っているとやる気が湧いてきます。それではマーキングするためには、どんなところに頼むといいでしょうか。

街のスポーツショップはマーキングを引き受けてくれるところがあります。スポーツショップの大手であるゼビオやスポーツデポなどは引き受けてくれる店舗です。ゼビオは全国に支店がある大型スポーツショップです。各種のスポーツ用品が置いてあるほか、マーキングオーダーカタログというサービスを用意しています。これはオリジナルの試合着を製作するときに使えるサービスで、チームウェアのエンブレムや背番号、ネームなどを付けることができます。クラブチームや代表チームの試合着にマーキングするときは、ゼビオの商品ラインナップからネームナンバー対応商品を絞り込んで選択してください。日本代表チームの試合着の他、ヨーロッパクラブの試合着や各国代表チームなど様々な商品で対応可能です。

スポーツデポはサッカーや野球、バスケットボールなどのスポーツ用品やスキー・スノーボードなどアルペン用具を取り扱っている総合スポーツショップです。ここも全国に支店があり、マーキングファクトリーというサービスがあります。マーキングファクトリーはゼビオと同じように、オリジナルのTシャツや試合着を作るのに最適なサービスです。ユニフォームやバッグなどに背番号や選手名を加工することができます。レプリカユニフォームに関しても取り扱っており、代表チームや人気チームのマーキングであれば対応してもらえるでしょう。

店舗以外だと通販サイトやチームのオフィシャルサイトにもマーキングサービスを行っていることがあります。商品を選択して、オプションとしてネームナンバーを付けることで背番号や選手名が付けられます。通販サイトの場合は料金に関しては簡単なもので数百円から、オリジナルチームのマークなら数千円から対応しています。なかには無料でネームナンバーを付けられるところもあるので探してみてください。