動画市場の伸び

動画市場の伸び

2020年における、世界の通信量の7割は動画再生によるものだと言われており、動画の需要は高まり続けています。

今後も動画市場が伸びていくことは、5Gの到来によって容易に予測することができますが、具体的にどの程度のものなのでしょうか?

予想される市場規模とその理由について解説していきます!

予想される市場規模

動画市場規模は右肩上がりで、今後も成長を続けいく可能性が高いと言えるでしょう。

具体的な数値としては、2020年では3300億円の市場規模が、2023年には1.5倍以上の5000億になる見込みです。

市場規模が大きくなるということは、それほど市場参加者にお金が行き渡る=稼げるということになりますので、経済的にも有利な業界ですね!

市場が伸びる原因

市場が伸びる理由は様々ありますが、大きな要因を挙げれば以下の通りです。

・動画が再生できるメディアの多様化

・動画プラットフォームの拡充

・次世代通信帯域5Gの普及

以前に比べて、動画を再生できるメディアは多様化していますよね。

今では多くの人がスマホで動画を視聴していると思われますが、腕時計、メガネのレンズといった、生活に欠かせない装飾品がネットに繋がる日は近いと言われています。

また近年では、YouTubeだけでなく、TikTokや17 Liveといった新しい動画プラットフォームも浸透しています。

動画広告だけでなく、スーパーチャットや投げ銭といった、新しい収益形態も市場規模に貢献しているといえるでしょう。

そして欠かせないのが、次世代通信帯域である5Gです。

2時間の映画も数秒で読み込みが終わり、人々は益々多くの動画を視聴できるようになります。

それほど消費が激しいということは、需要が大きいということであり、VSEOを手がけた動画であれば、次から次に視聴されていくことになります。

TOPページを見る