失敗の定義とは

失敗の定義とは

オンラインビジネス、スクールは近年流行しており、誰もが人生を好転させようと一生懸命取り組んでいます。

しかし残念ながら、成功できるのは一握りです。

つまり大半の人が失敗に終わっているわけですね。

では、どのような状況に陥入れば失敗と言えるのでしょうか?

辞書によると失敗とは『物事をやりそこなうこと、方法や目的を誤って良い結果が得られないこと。』

と定義されています。

これを副業やビジネスに当てはめて考えてみましょう。

大まかには以下のパターンに分けられます。

挑戦を諦めた時

挑戦を諦めた時、辞めた時、挫折した時、それらが望まない結末であれば、失敗と呼べるでしょう。

費やしたお金、時間、労力を考えれば、これほどもったいないことはありません。

この失敗の対応策は、やはり努力を継続することです。

どんな失敗も挫折も、経験に還元できるポジティブなマインドを持ち、成長を楽しめる分野に身を置けば、結果は自ずと付いてくるはずです。

取り返しが付かない状況になった時

ビジネスをするのであれば、取り返しが付かない、もう手遅れの状態も失敗例の一つです。

例えば今からブログで稼ごうと思ったり、VSEOなしでYouTubeで稼ごうと思っても、個人の力だけでは、大手や時代の力に勝つことはできません。

元々挑戦していなくても、稼ぐチャンスを失った、機会損失したようであれば、ビジネスパーソンとして、悔やむべき状況です。

また時間や健康、信頼や人脈、いわゆる無形資産と呼ばれるものは、基本的に取り戻すことが難しいとされています。

どんなに成功していても、孤独、寝たきりの状態であれば、人生を楽しむことができず、失って初めて価値の大きさに気づくものです。

健康で仲間がいて、叶えたい夢があって未来が明るい、そんな状況に大金を積む成功者は数多く存在し、元お笑い芸人のレジェンド島田紳助氏は10億出してもいいと言えるほど。

それほどの価値を、今あなたの中に秘めているのです!

払ったお金に対してリターンが得られない時

手元からお金がなくなる=失敗とは限りません。

100万円のスクールに入って、将来的に100万円以上稼げるスキルが得られるのであれば、それは投資です。

一方で、払ったお金に対してリターンが得られない時、得るどころか時間も合わせて取られた時、そういった状況も失敗にカウントされます。

この失敗の典型例が詐欺行為であり、被害を避けるためには、提供者の評価やブランド、信憑性、これらを吟味して見極める必要があります。

TOPページを見る